???????? ???? ??http://????????.jp/viagra-jp.html???? ??? 20?? ????? ???, viagra ?http://???????.com/???? 10?

初対面の人との接し方①~自分が新顔として新しい場に加わるとき~

オレンヂブログ初回のテーマは、「初対面の人との接し方」です。ビジネスやプライベートで、知らない人の集まりに入るのはとても勇気のいることです。新しい場に、上手く溶け込めるだろうか、場に合った話ができるだろうか・・・誰もが不安に感じることです。でも、少し勇気を持って、新しい場に出ていけば、そこで新しい出会いや発見は必ずあるはずです。今回は、異動や転職といった人生の転機で、心掛けたいポイントをご紹介します。

 

人事異動や転職といった、新しい場に新顔として加わる場面で、配慮したいことは、以下の3点です。

①前の職場の話は持ち出さない。
②年下であっても、新しい場では先輩であることを意識し、敬意を払う。
③可能な限り、交流の場には顔を出すようにする。

①については、私自身が逆の立場で異動者を迎えた経験から学んだことです。

社会人3年目位の頃、私よりも3,4年先輩の方が異動して来ることになり、私が業務内容を教える立場になりました。自分よりも年長者で先輩を迎えることもあり、自分なりに新しい方にも理解していただけるように、資料をまとめたり、歓迎会の準備をしたりとかなり気追っていたせいもあるかもしれません。新しく来られた方が、歓迎会の場で、前の職場の話ばかりするのがとても気になりました。また、仕事の場面でも、以前の職場のやり方にこだわっていました。

おそらく実際には、そのほうが良いこともあったのかもしれません。ただ、その時は違和感と、寂しさを感じました。新しい場に行くときは、前のことは一旦リセットして、一から始めるつもりで行かないと、相手に失礼にあたることもあると学びました。

この経験から、その数年後、スキルアップを求めて、自分自身が異動、転職をした際には、①のように、前の職場の話は聞かれるまで自分からは持ち出さず、出来る限り話を聞く側にまわるように気を配りました。聞くことを意識すると、誰がどんな仕事をしているのか、上司のタイプはどうとか、誰と誰が仲良くて、誰と誰が馬が合わない、といった噂話までいろいろ教えてくれるようになります。そして、聞いた話を自分なりに咀嚼していくと、自分の振る舞い方を見えるようになりました。また、自然と早い段階で周りからも受け入れてもらうことが出来たように思います。

ビジネス経験が長くなれば、誰でも自分のやり方を身に付けていると思います。ですが、新しい場に入ったときは、まずは仕事を教えてくれる人のやり方を受け入れ、やってみることをお勧めします。それが、その場で良しとされているやり方だからです。中には、その場のやり方をやった上で、改善したほうがよいと思うこともあるでしょう。その場合は、今のやり方を尊重しながらも、違うやり方を提案することも必要です。その時に、良い関係が築けていれば、相手も気分を害さずに、改善案を受け入れてくれるでしょう。

②については、私の場合は、異動先、転職先で最初に仕事を教えてくれた人は年下でした。ある程度の経験を積んでから、新しい場に行けば、年下に仕事を教わるということも珍しくはありません。ですが、そんな時には、年下であってもその場の先輩として、相手を尊重することで、不思議と相手も自分を年上として尊重してくれます。

経験を積めば、立場が逆転することもありますが、そんな時も年齢や立場に関係なくお互いが尊重し合って仕事が出来る関係を築くことが出来きます。

③については、「仕事が終わった後の時間まで拘束されるのは嫌」という人も多いと思いますが、とてももったいないと感じます。部署の飲み会、女性だけの会合、お客様との飲み会、社外活動の会合と、いろいろありますが、仕事を離れた場(これも仕事の場と言えます)で、普段なかなか話す機会がない人と話したり、交流することで、その人の意外性を知ることができたり、新しいコミュニケーションが生まれるなど、結果的には仕事の進めやすさにも繋がるからです。

シニアコンサルタント 秋葉正枝