???????? ???? ??http://????????.jp/viagra-jp.html???? ??? 20?? ????? ???, viagra ?http://???????.com/???? 10?

【ブログ更新】 沖縄流のCS

東京は、毎日寒い日が続いている。
先日の7年ぶりの東京の大雪には、途方にくれた人も多かったのでは
ないだろうか・・・。

viagra online real

まだまだ春は遠いな・・・と思いながら、年始に行った沖縄の旅を恋しく思う。
例年は、年末年始は自宅でゆっくり過ごすことが多いが、今年は思い切って、
沖縄八重山4島巡り(石垣島、西表島、由布島、竹富島)の旅に出かけた。

DSC_0124

「寒いときに温かい所に行くなんて本当に贅沢」と友人に言われたが
沖縄は本当に気候も人も温かい。

中でも、亜熱帯植物の中を船で巡るマングローブクルーズで見た
サキシマオオノキという樹齢400年の根っこの凄さには驚いた。
樹齢400年・・・気の遠くなるような年月そこで、じっと耐えているその姿に、
「自分のいる場所で、根を張ってしっかり頑張れ!」と言われているようにも感じた。

DSC_0134

海はどこもきれいだったが、竹富島のコンドイビーチは、今度は是非夏に訪れたい。
星砂の浜で、星の砂を探したが、なかなか見つかるものではないらしい。
川平湾では、残念ながら雨が降ってしまったが、天気であればエメラルドグリーンの海が
広がっているそうだ。それでも、グラスボート(船底がガラスになっている)に乗船し
海底のサンゴ礁や熱帯魚を十分に楽しんだ。

DSC_0127

そして、沖縄で受けた人の温かさも印象深い。
一緒に行った母親は肉が食べられないため、事前に旅行社に伝えておいた。
ホテルでの夕食で、レストランの入り口でスタッフが待ち構えていて、
名前を言うと女性のスタッフが「お待ちしていました!お一人様お肉以外のお料理で
お席をご用意しています」と笑顔で応対してくれた。
それだけでも感じがいいが、さらにその後で料理を持ってきてくれた男性スタッフも
「お肉が駄目だと伺ったので、海老に変更させていただきましたが大丈夫でしょうか」と
控えめで且つやわらかな笑顔で聞いてくれた。
感じの良いホテルだなぁと思って、改めてホテル内のスタッフの様子を見ていると
皆笑顔で感じが良い。やはり、サービスの基本は笑顔だ。
(石垣島シーサイドホテルの皆さん、大変お世話になりました!)

また、土産店でも沖縄流のCSに思わず笑顔が漏れた。
琉球真珠の土産物屋で、60代位の女性二人連れが黒蝶真珠のネックレスを買おうか
買うまいか迷っている姿が目に入った。どうやら、デザインは気に入っているのだが
真珠を縁取りしている台がシルバーであることが気になるらしい。

友人らしき女性が、「自分が気になるならやめたほうがいい」とアドバイスしていたので
スタッフがなんというのかと興味を持ってみていたところ、(東京であればこういうときに
「いいえ、お客様こちらのシルバーは黒くならない加工がしてあって・・・)などとアピール
するのだが、そのスタッフは笑顔で「そうですね。せっかくデザインを気に入っていただけたので
嬉しいですが、シルバー素材が気になるようでしたら無理には・・・」と感じのよい笑顔で
商品をお客様から預かっていた。更には後ろにいた年配のスタッフが、「また来たらいいさぁ」と
沖縄言葉で笑顔で声掛けする様子に、その場にいた全員から「アッハッハ」と笑いが起こった。

結局、そのお客様は名残惜しそうな表情で、お店を後にしたが、きっとこの後立ち寄る
琉球真珠のお店で購入するのではないかと思った。
なぜなら、思わず私も欲しくなってしまうような笑顔と、嫌みのない引き方だったからだ。
人は押されると引くが、引かれると逆に欲しくなる・・・。
スタッフ本人が意識していたかは別にして、沖縄流のCSに学んだ一コマだった。

DSC_0130

まだまだ寒い東京の冬・・・。
沖縄のCSを思い出して乗り切ろう!

シニアコンサルタント 秋葉正枝